役員・研究員のご紹介

略歴

山崎 達文Yamazaki Tatufumi

生年月日1951年7月14日
出身地東京都
肩書き金沢学院大学副学長・美術文化学部教授・図書館長
最終学歴・学位金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科修了
芸術学修士
専門分野漆工史、日本工芸史、博物館学
最近の研究テーマ日本近代工芸の転生と再興
工芸の分業性と集団制作の機能価値について
製箔技術史およびその今日的課題と展望
主な公職石川県文化財保護審議会委員
石川県立美術館運営委員
石川県伝統的工芸品振興委員
金沢市文化財保護審議会委員ほか
主な著書、論文 『漆芸家小松芳光遺作集』橋本確文堂(H17)/『近代日本デザイン史』(共著)美学出版(H18)/『金沢金箔伝統技術調査報告一縁付金箔に関する報告』金沢市(H22)/『金沢金箔伝統技術調査報告「製箔用手漉き紙に関する報告』金沢市(H23)/『工藝の再結晶』紅ミュージアム(H23)/「伝統産業就業者のつくり方一若人の夢支援の条件」『日本産業教育学会第53回大会要旨集』(H24)/金沢におけるくうるしの近代〉点描」『視るNo.475』京都国立近代美術館(H26)/「御細工所の工芸」『城下町金沢論集』石川県・金沢市(H27)
備考講演・寄稿の領域、自己アピールなど:美術史、工芸史、近現代工芸、地域伝統産業、博物館美術館論等

戻る