役員・研究員のご紹介

略歴

東四柳 史明Higashiyotsuyanagi Humiaki

生年月日1948年2月7日
出身地石川県鳳至郡
肩書き金沢学院大学名誉教授
石川県立図書館史料編纂室室長
最終学歴・学位國學院大學大学院文学研究科日本史学専攻博士課程単位修得満期退学(文学修士)
専門分野日本中世史
北陸地域史(加賀・能登中心)
神社史
最近の研究テーマ北陸における守護、戦国大名の研究(加賀富樫氏、能登畠山氏 他)
中世北陸の寺社信仰(白山、石動山、気多社 他)
主な公職金沢市文化財保護審議会会長
小松市史編集専門委員会委員長
穴水町文化財保護審議会会長
七尾市文化財保護審議会委員
放送大学客員教授ほか
主な著書、論文 『半島国の中世史』(単著、北國新聞社、1992年)
『石川県の歴史』(共著、山川出版社、2006年)
『長谷川等伯ふるさと調査事業報告書』(共著、北國新聞社、2012年)
『地域社会の文化と史料』(編著、同成社、2017年)
備考講演・寄稿の領域、自己アピールなど:加賀、能登の中世史、加賀・能登の社会と信仰

戻る