役員・研究員のご紹介

略歴

黒川 威人Kurokawa Taketo

出身地富山県富山市
肩書き金沢美術工芸大学 名誉教授
日本デザイン学会 名誉会員
最終学歴・学位東京藝術大学 美術学部卒 芸術学士
専門分野インダストリアルデザイン
環境デザイン
パブリックデザイン
パブリックアート等のものづくりおよび研究
景観デザイン
デザイン美学
美術・デザイン理論
最近の研究テーマ気候風土がアート・デザインに与える影響
主な公職日本デザイン学会名誉会員
北陸都市史学会名誉会員
全国和紙ちぎり絵展審査員
湯涌街道景観町づくり協議会 相談役
主な著書、論文 『原風景と環境デザイン』 「デザイン哲学叢書 デザインの知」vol2 2008 (東北芸術工科大学 デザイン哲学研究所 編、2008年)
『環境デザインという文明』(共編著、前田印刷出版部、2006年)
『金沢金工師 水野源六家史料 』(編著、文部省助成出版 橋本精文堂、1996年)
『ポプラール・金沢 』(編著、前田印刷出版部、1996年)
『デザイン事典 』(編集委員 第4部責任編集、朝倉書店、2004年)
備考 中米エルサルバドル スペインアンダルシア地方、北アフリカ チュニジア、アジアではフィリピンなどの現地調査を通じて積み上げた風土とデザインの関連について、中でも雪が与えた日本美術・デザインへの影響について一家言を持つ。
 Japanese Landscape and my Environmental Design APVIS 2007 招待講演: 作品:七色ガラスタワー 七尾港開港100 周年記念モニュメント 同コンペティショ ンにおいてグランプリ受賞、日本デザイン学会2001 年間作品賞受賞 2000 金箔を町づくりに生かすためのデザイン研究を、金沢箔青年会と4年間に渡って実施。 2001~2005
 講演・寄稿の領域:景観デザイン(金沢・日本・世界)に関する美学的考察・調査

戻る