北國総研の番組

北國銀行Presents この街と共に~金沢城探訪・歴史文化との対話~

北國総合研究所が金沢ケーブル「北國新聞ニュース・プラス」で放送する「北國銀行Presents この街と共に~金沢城探訪・歴史文化との対話~」の第1回が6月5日から始まっています。3カ月ごとテーマ別に放送し、日程は次の通りです。北國新聞ニュース・プラス(地デジ9ch)土・日曜日午前11時、午後9時です。

Windows Media Playerを起動

※回線状況によっては映像が表示されるまで時間がかかる場合があります。

お楽しみいただくには、ご使用されているパソコンにプレイヤーソフトウェアのMedia Playerがインストールされている必要があります。ご使用の環境に適したプレイヤーをダウンロード、インストールし、セットアップしてご覧ください。下記のボタンからWindows用、Macintosh用のプレイヤーがそれぞれ無償でダウンロードできます。なお、Media Playerのバージョンが古い場合(6.4以前)エラーダイアログが表示される場合があります。

Download Windows Media PlayerMedia Player をダウンロード

北國銀行Presents この街と共に~金沢城探訪・歴史文化との対話~(第1回放送分)
内容  加賀藩の築城初期から後期までの美を織りなす多彩な造形や防壁の役割から「見せる石垣」へと移行した特徴などを取り上げる。
 最高傑作とされる色紙短冊積み、隠し石垣を配する河北門、粗加工石積みと切石積みに分かれる石川門、石垣回廊が広がる丸の内園地などを巡り、場所や時代によって変遷する石垣群の奥深さを紹介する。
司会進行役 =金沢工業大学教授 水野一郎氏(北國総研研究員)
=石川郷土史学会常任幹事 横山方子氏(北國総研研究員)
解説 =冨田和気夫氏(石川県金沢城調査研究所長)