北國総研のふるさと講座

北國総研が地域に根差した取材で編集する教養番組です。

平成17年1月から、金沢ケーブルテレビネットで放送しています。19年1月から「ふるさとに世界遺産を」、20年1月から「城下町金澤ならわし歳時記」、21年1月から「城下町金澤町づくし」、22年1月から「新金沢町づくし」、23年1月から「よみがえる玉泉院丸―金沢城の謎を解くカギ」、24年1月から「前田家の女たち」、26年1月から「百万石の大名行列」、27年4月から「かなざわ建築の博物館」を放送、現在は「かが・のと 建築の博物館」です。土、日曜の定時に「北國新聞ニュース・プラス」「ときめきQハイビジョン」で放送しています。

Windows Media Playerを起動

※回線状況によっては映像が表示されるまで時間がかかる場合があります。

お楽しみいただくには、ご使用されているパソコンにプレイヤーソフトウェアのMedia Playerがインストールされている必要があります。ご使用の環境に適したプレイヤーをダウンロード、インストールし、セットアップしてご覧ください。下記のボタンからWindows用、Macintosh用のプレイヤーがそれぞれ無償でダウンロードできます。なお、Media Playerのバージョンが古い場合(6.4以前)エラーダイアログが表示される場合があります。

Download Windows Media PlayerMedia Player をダウンロード

「建築の博物館-ともにある仲間たち」(第3回放送分)
内容  「営みを表すサイン」と題し、金沢市の曹洞宗大乘寺や細字印判店、目細八郎兵衛商店、黒田永一商店などを訪ねる。建物に備わった扁額(へんがく)や看板などを紹介し、個性あふれる「サイン」が建築物と一体化して人々を引き付ける魅力を探る。 同市の天狗中田本店、飲食店の「もっきりや」や「ぴるぜん」なども訪れ、近代以降のユニークな看板や照明も紹介する。
司会進行役 =金沢工業大学教授 水野一郎氏(北國総研研究員)
=石川郷土史学会幹事 横山方子氏(北國総研研究員)